[[BibleStudy2]]
#norelated
#counter
#contents


** 序論 [#j237f961]
"キリストによって、からだ全体は、一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。" エペソ4:14 

わたしはエペソ人への手紙、聖書勉強を通して、教会の意味について霊的な目が覚めるようになりました。わたしは教会に対する神の偉大な計画に圧倒されました。わたしは「教会とは何か?」「UBFのアイデンティティは何か?UBFは果たして教会としての確実なアイデンティティを持っているのか?それではUBFが教会であることをどのように理解できるのか?」のような質問をしていました。多くの聖書学者たちが「UBFは信仰と道徳的な姿、それから物質に対する透明な態度など、確かに健康な面があるが、聖書的な教会観が弱い」とコメントしています。

わたしはなぜ、彼らがUBFの聖書的な教会観に疑問を投げかけているのかに興味がありました。過去、確かにUBFは教会としての確かなアイデンティティがなかったことは事実です。わたしたちUBFはCCCやIVF、Navigatorsのような宣教団体としてのアイデンティティを持っていました。それから私たちは自ら「パラチャーチ」と認めていました。今はもちろん、教会としての確かなアイデンティティがあります。しかしながら、ある方たちは「家庭教会を中心とするのが教会なのか?」との疑問を持ちます。家庭教会は確かに教会なのです。イスラム諸国に一つの家庭が宣教師として派遣されたとすれば、その家庭は教会ではないのでしょうか。イエス様は「ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。(マタイ18:20)」と言われました。多くの家庭教会が神の御言葉を伝え、祈りをし、礼拝を定期的に捧げています。彼らは神の言葉に従順し、他の人たちと御言葉を交わしています。家庭教会の歴史が実を結ぶとすれば、当然ながら教会としての役割を担っていると言えます。長い期間、実を結ばないこともあるでしょう。しかしながら、そのような家庭教会も同じく教会なのです。しかし、教会としての役割を果たすことは難しいのです。その場合、わたしたちは祈りながら他の神の教会と協力することに神からの導きを求めるべきです。また、ある人たちは私たちが一般の教会のようになってはいけないと主張しながら、教会に対する否定的な意見を露わにしたりもしています。特に、若い人たちの中には「わたしはイエスは愛しているが教会は嫌だ」としながら、教会に対する良くない感情を表したりします。興味深いことに、もし彼らが教会を嫌っているのなら、イエスの体をも嫌っていることになります。わたしたちは彼らが教会に対する良くない経験から教会に否定的な意見があることを知っています。しなしながら、わたしたちは正しい聖書的な教会観を持つべきです。

わたしはエペソ人への手紙を勉強しながら、私自身も教会に対する否定的な意見があったことを悟りました。過去、わたしは聖書的な教会観に対する理解が浅かったため「教会の言葉」を批判的に使ったことがあります。例えば、ある人が神の訓練をないがしろにしていると「いいよ。教会にでも行きなさい。」と言った覚えがあります。これはUBFが地域教会よりも優位に立っているとの言葉で、それは私の高ぶりの原因でした。わたしはこれを深く悔い改めました。わたしはどのような場合でも教会に対する否定的な意見をもってはいけないことを悟りました。むしろ、教会は神が立てられた機関であり、キリストの新婦であるため教会に対してはもっとも好意的な意見を持つべきであると思うようになりました。そのため、わたしは教会の聖書的な意味について知りたいと切に願うようになりました。わたしは多くの教会に対する本を読みこなしました。教会とはとても複雑な主題なのです。わたしはこの資料でこの主題をすべて扱うことはできません。わたしはただ、教会に対する正しい聖書的な見解を持つことを願っています。21世紀において一番影響力のある教会の指導者といえば、John Stottを例に挙げることができます。彼は次のように言っています。「わたしたちはキリストの人であり、教会の一員でもあります。わたしたちはキリストに献身している人であり、なおかつキリストの体(教会)にも献身しているのです。教会は神様の永遠の目的の一番中心部に置かれています。教会は神様が後から必要に応じて作られたわけでもなく、歴史の中から偶然に生まれたものでもありません。むしろ、教会は神様の新しい共同体なのです。」また、聖書学者Kiperは次のように言っています。「教会はもっと良いもののために臨時的に代替したものではなく、神様の永遠な計画のただ中心部にあるのです。((R. B. Kuiper 2015: 24. "天啓的史觀"によれば教会は五旬節以前には存在せず、なおのこと神の子がこの世に来られた際にも存在してない。彼はお国を作るために来られたがユダヤ人たちは彼を王として受け入れずにいた時、彼はその再臨時にまでに王国を作ることを延期し、その中間期間に教会を建てることとした。これは「教会世代」を相対的に重要でない借り物のように見せる。しかし、教会はエデンから既に建てられ、世の終わりまで永遠に続くことが真理として受け入れられている。 ))」

わたしはこのような問題意識をもって、エペソ人への手紙に基づいて「どのように健康な教会を建てることができるか」という主題の内容を整理したいと思います。この資料には、第一に、エペソ教会から現れた教会に対する隠喩表現、第二に、教会の特長、第三に、福音中心の教会、第四に、エペソの概要、第五に、どのように健康な教会を建てることができるか、について話したいと思います。

** エペソ人への手紙に現れる教会の隠喩的な表現 [#x6f53610]

聖書の中で、教会は、複数の隠喩表現を介して描写されています。ところが、エペソには「家」、「建物」、そして「体」と呼ばれる3つの比喩表現が出てきます(1:23; 2:19-20; 4:12,15-16)。 「家」という隠喩はテモテ3:15、「神の家とは生ける神の教会のことであり、その教会は、真理の柱また土台です。」という言葉でより明確に発展させて記述しています。パウロはここで、教会の真実性を強調しています。しかし、エペソで、パウロは、私たちをイエス・キリストによって、ご自分の息子ととして認めた神の大きな愛を強調しています(1:5)。神は私たちの父であり、我々は神の子どもです。私たちは、神を「父」と呼び、神との親密な愛の関係を結びました。同時に、私たちは、天の国で栄光ある企業を所有していました(1:14,18)。ここでは、差別や階級がありません。私たちは、すべての神の家のメンバーである(2:19)。

パウロはまた、「あなたがたは使徒と預言者という土台の上に建てられており、キリスト・イエスご自身がその礎石です。」と言い、建物という隠喩表現を使用します(2:20)。建物のための隠喩表現はペテロ第2、2:4-7でも使用された。イエスは生ける石(the living Stone)でり、私たちクリスチャンは、同じく生ける石(living stones)です。神は生ける石を装飾品としては思いません。むしろ神は生ける石を巨大な精神的な建物を建てるのに用いられます。イエスは、その建物の基盤となる、建物の重要な礎石となります。その上に建物全体がキリストの中で、建物ごとに相互に接続され、主にあっての神殿になっていく(2:21)。私たちは、聖霊の中で、神がお住まいになるために、キリスト・イエスにあって共に建てられていきます(2:22)。
 
エペソでパウロは体という隠喩表現を主に使用します。 「体」という言葉は、13回繰り返されています。その中で10回が「彼の体」(1:23; 5:23,30)、「一体」(2:16; 3:6; 4:4)、「キリストの体」(4:12)、「彼の成熟した体」(4:15)と表現され、イエス様の体に言及しています。私たちは一つの体であるため、パウロは、私たちに平和のきずなで結ばれて御霊の一致を熱心に保つよう勧めします(4:3)。この連合の基礎は、父である神である(4:4-6)。この連合は、画一性を言うのではなく、彼の民がキリストから受けた才能を介して奉仕の仕事をすることで表現されています。その目的は、彼の体である教会を建てることです(4:7-12)。キリストは彼の体の頭です(1:22-23; 5:23)。彼は私たちがキリストの成長した分量まで育つようにするために、彼の体のメンバーを治め維持されます(4:13)。キリストから全身が各関節を介して支援を受けて接続され、結合され、各肢体の分量にまで働いて彼の体を成長させ、愛の中で自ら立てられます(4:16)。このように、体は神の計画とビジョンを達成するために、成熟し強くなって元気を保つのです。頭であるキリストがなければ、彼の体のすべての肢体は何もありません。各体はキリストに服従します。キリストは、信仰によって、私たちの心の中におられます(3:17)。私たちは、キリストの多次元的な愛の中で根が張られ基盤が固まっていく必要があります(3:17b-18)。

教会の本質を考える場合、一つ明らかな事実は、教会は生きていて、ダイナミックであるということです。教会は、固定された組織ではなく、人間の体のように、自ら立てられ育つ生き物のようなものです。人間の体は、様々な種類の細胞で構成されているが、その数はなんと37兆2千億個と推定されます。人間の体には、宇宙の銀河よりも多くの細胞があります。その細胞は大きさと表面積との形態において、皮膚、血液、臓器など様々です。これらの細胞は、継続的に再生産されて育って発展します。そうでなければ彼らはすべて死ぬことになるでしょう。このように、教会は絶えず育って発展します。これはキリストが生きておられ、私たちの頭となりますので可能なことです。各肢体が彼に服従して、そこから栄養が供給されるとき、体は成長し、健康な体として強くなります。

今まで、私たちはエペソ人への手紙に示された教会の隠喩表現について説明しました。今、私たちは教会の特徴という観点から、教会が歴史的にどのように理解されてきたのかを考えてみる必要があります。

** 教会の特長 [#s787a368]

教会は、古代ニケア会議((一般的に「ニケア・コンスタンチノープル信条」として知られ、AD 381年、コンスタンチノープルでの宗教的会議(公会議)により作られた。))を通じて1)一つ、2)聖、3)普遍性、4)使徒たちの教えというの中心言葉によって定義されてきました。これらの4つの特徴は、教会の聖書の教えを要約するために使用されてきました。教会は、神の特性を反映します。教会は一つであり、神聖、普遍的であり、使徒的なもので、特にこれは、神の連合性、神聖、広大さ、永遠、真実性を反映することです。これらの特徴の意味は何ですか?

一つ(one):教会は一つです。教会の一つになることは、本質的な統一性を意味します。教会は事実上、イエス・キリストによって建てられたた、唯一の、真の教会だけが存在します。使徒パウロは、エペソ4:4-6で、教会がなぜ一つであるべきか説明します。「からだは一つ、御霊は一つです。あなたがたが召されたとき、召しのもたらした望みが一つであったのと同じです。主は一つ、信仰は一つ、バプテスマは一つです。すべてのものの上にあり、すべてのものを貫き、すべてのもののうちにおられる、すべてのものの父なる神は一つです。」パウロはガラテヤ3:28で、民族や社会的地位や性別に関係なく、キリストの中ですべてが一つであることを言っています。パウロの教えは、私たちはすべて一人の良い羊飼いイエスの中で一群というイエスの教えを反映しています(ヨハネ10:16)。イエスは自分を信じている人が一つになることを祈りました。「わたしは、ただこの人々のためだけでなく、彼らのことばによってわたしを信じる人々のためにもお願いします。それは、父よ、あなたがわたしにおられ、わたしがあなたにいるように、彼らがみな一つとなるためです」(ヨハネ17:20-21a)。

教会の単一性は、信仰と神の子を知っていることの一体感を指す(エペソ4:13)。真理の福音のために共通の献身により、人々が一緒に集まる一体です。このような一体感は、組織のレベルでは、見えません。教会は聖霊の中で真実に信じる者が共有している信徒の交わりで構成されている精神的な実在です。教会は、信者が同じ洗礼を受け主の聖餐式に参加し、天の御国を一緒に味わうことを期待するとき、はじめて見えるようになります。地上の教会は、聖書に示されているように、その肢体がキリストの真理の中で統合される場合にのみ、このような一体感を経験することになります。

聖(holy):教会は聖なるところです。私たちは「聖なる」という言葉を聞くと、ほとんどは純潔や道徳的な完全体について考えます。聖書がこのように、その言葉を使用することは確かです。しかし、聖(holy)の本来の意味は、「分離された(separate)」、「他の、区別された(different or set apart)」という意味です。「教会」というギリシャ語の用語は、「エクレシア」です。これは接頭辞「〜から(from、out of)」という意味の「エク(ek)」という言葉と「呼ぶ」という意味の「カレヨ(kaleo)」という言葉の合成語です。教会は、神がこの世から区別して呼ばれた人々の集まった所という意味です。神は私たちをこの世から区別して呼ばれた後、聖なる生活をしていくことを求めます。神の聖への召しは敬虔、すなわちこの世のことを模範にしない他の模型、他の基準、または他の方法での生き方への招きです(ローマ12:1-2)。ペテロは「あなたがたを召してくださった聖なる方にならって、あなたがた自身も、あらゆる行ないにおいて聖なるものとされなさい」と言いました(Iペテロ1:15)。神聖な生活をすることは、私たちに向けた神の御心です(テサロニケ4:3-4;エペソ5:3)。

また、神はすべてのものにおいて超越し、私たちの理解をはるかに超えている方です。神はお高い方で、偉大なる方で、威厳をお持ち、敬愛できる方です。驚くべきことに聖なる神は区別されたものを神聖なものとされるということです。 「...あなたがたを聖別する主、わたしが聖である」(レビ20:8; 21:8,15,23; 22:9,16,32)「聖なる」という言葉は、地上のもの、すなわち「聖なる地」(出3 :5)、「聖なる国民」(出19:6)、「聖なる都」(士師記48:2)、「聖なる器具(物)」(民4:15)などに適用された。物が主に聖別されたとき、それらは神聖なものとなります。神だけが、他のものを聖なるものとすることができます。これは、私たちに大きな希望を与えます。私たちは聖ではないが、神が私たちを聖なるものとされます。

教会はそのメンバーが聖霊によって聖別される過程にあるため、聖と呼ばれるものです(テトス3:5-6)。このような理由から、パウロは信者がたとえ聖くない場合でも、聖いと呼ばれていました。コリントの信者たちは、人間的な面で見ると、さまざまな面で良くなかったのです。彼らは近親相姦の罪を黙認し、人間的なリーダーシップに基づいて分裂し、また、そのほかにもありました。彼らを聖いと言うのは難しいことです。しかし、パウロは彼らを神の教会と呼び、キリストの中で神聖になった者であり、聖徒たちと呼びました(Iコリント1:2)。多くの人々は、教会が偽善に満ちていると非難しています。それにもかかわらず、信じる者は聖化されていく過程にあるため、聖徒と呼ばれます。聖書は、キリストを「新郎」として、教会を「キリストの花嫁」と述べています。すぐにも花嫁の服を見ると、汚れています。その服には傷と汚れがあり、ヨボヨボしています。しかし、キリストは彼の教会を聖別していきます。キリストは、すべての傷やれやしわを除去し、最終的には花嫁を完全なる神聖の栄光の中に父の前に立てられるのです(エペソ5:26-27)。驚くことに!私たちは、将来美しくて栄光ある姿になるのです!

普遍性(Universal; Catholic):教会は普遍的です。教会が普遍的な理由は、神が全地の主であり、すべての世代の王だからです。キリストの教会は全世界にあり、時代を超越し、さまざまな言語や方言の国から来た人たちで構成されています(黙7:9)。

使徒性(apostolic):教会は使徒的です。この言葉は、使徒たちを通して与えられた神の言葉に基づいているという意味です。これは教会の起源と信仰がイエスの使徒たちの生きていた伝統的な根元から下ろされ、持続してきたことを意味します。使徒パウロは、エペソの信者たちに、「あなたがたは使徒と預言者という土台の上に建てられており、キリスト・イエスご自身がその礎石です」と述べています(エペソ2:20)。教会は使徒たちの教えを介してのみ、「真理の柱また土台」となることができます(Iテモテ3:15)。

これらの4つの特徴は、教会の聖書の教えを表すときに使用されます。 Donald G. Bloeschは次のように要約しました。

教会は、すでに一つだが、教派を超えて信仰と実行において一緒に、より近づこうとする教会メンバーの努力により、さらにもっと一つになって行かなければならない。教会は、すでにその源と基礎において聖いが、世にいてもっと神聖の実を結ぶように努力しなければならない。教会は、すでに一般的であるが、その普遍性の完全なところに至ることを追求しなければならない...教会は、すでに使徒の教えに基づいてますが、福音により教会を改革することで意識的に使徒の教えに忠実でなければならない。

教会のこのような特徴を考えると、教理的で、無味乾燥に感じられます。教会はそれ以上です。イエスの言葉によると「愛」は教会の特徴の一つです。実に愛が最も重要な特徴です。

愛(love):この「愛」は、神の聖なる愛、つまり「アガペー」を指します。愛は無条件的であり、私が進んでやることであり、自己犠牲であり、自分の命を与えることであり、赦すことです。誰もキリストを知る前にはアガペーの愛を知りません。「愛」という言葉は、非常に人気がありますが、人々は肉体的な愛の「エロス」だけ知っています。せいぜい兄弟愛である「フィルレオ」を知っている程度です。人々は愛が感情であると言います。だから愛は、状況に応じて変わることがあると思います。誰でも愛されたいし、他の人を愛することを望んでいます。しかし、「エロス」を追求するとき、我々は他人に傷付け、傷を受けることになります。私たちは、このような愛に決して満足することができません。むしろ私たちの罪の問題をより複雑にするだけです。人々は真の愛を熱望します。私たちは、キリストを通してのみ真の愛を体験することができます(Iヨハネ3:16a)。神は私たちを実に愛し、ひとり子を送って下さり、私たちの罪のために死なせました。私たちが神の愛を受け入れたときに、私たちは本当に満足して幸せになれるのです。

私たちにこのような愛が溢れる時、私たちは初めて、他の人を愛することができます。イエスは、「あなたがたに新しい戒めを与えましょう。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。もし互いの間に愛があるなら、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです」(ヨハネ13:34-35)と言われました。イエスは、私たちがお互いに、また、すべての疎外された人々に向かって、神の愛を実践することを願っておられます(マタイ5:46)。神の愛は、イエスの教会だけが持つ区別された特徴であるべきです。

私たちは、真実で、生きていて、本当の教会の特徴を示す特性について考えてみました。教会をこのようにさせることは何でしょうか?単純に言えば、福音です。これに対して、より詳しく考えてみたいと思います。

** 福音中心の教会 [#x5ad03c0]

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS