Counter: 556, today: 1, yesterday: 0

聖書勉強等 --> 勉強資料
御言葉:ローマ人への手紙 2章1節~16節  要節:ローマ人への手紙 2章2節

神のさばきが正しい

1.他人をさばくユダヤ人たちの問題は何でしょうか(1)。神様は彼らをどのように裁かれますか(2)。

  • rom 2: 1 ですから、すべて他人をさばく人よ。あなたに弁解の余地はありません。あなたは、他人をさばくことによって、自分自身を罪に定めています。さばくあなたが、それと同じことを行なっているからです。
    rom 2: 2 私たちは、そのようなことを行なっている人々に下る神のさばきが正しいことを知っています。

2.彼らはなぜ、神の裁きを免れると思いますか(3)。彼らは神様の慈愛と忍耐と寛容とをどのように軽んじているのでしょうか(4)。かたくなさと悔い改めのない心の結果がどうでしょうか(5)。

  • rom 2: 3 そのようなことをしている人々をさばきながら、自分で同じことをしている人よ。あなたは、自分は神のさばきを免れるのだとでも思っているのですか。
    rom 2: 4 それとも、神の慈愛があなたを悔い改めに導くことも知らないで、その豊かな慈愛と忍耐と寛容とを軽んじているのですか。
    rom 2: 5 ところが、あなたは、かたくなさと悔い改めのない心のゆえに、御怒りの日、すなわち、神の正しいさばきの現われる日の御怒りを自分のために積み上げているのです。

3.神様はひとりひとりにどのように報いを与えるのでしょうか(6)。どんな人に永遠の命を、どんな人に怒りと憤りを下されるのですか(7-8)

  • rom 2: 6 神は、ひとりひとりに、その人の行ないに従って報いをお与えになります。
    rom 2: 7 忍耐をもって善を行ない、栄光と誉れと不滅のものとを求める者には、永遠のいのちを与え、
    rom 2: 8 党派心を持ち、真理に従わないで不義に従う者には、怒りと憤りを下されるのです。

4.悪を行う人と善を行う人の結果がどうでしょうか(9-10)。ユダヤ人とギリシヤ人にはなぜ差がないのでしょうか(11)

  • rom 2: 9 患難と苦悩とは、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、悪を行なうすべての者の上に下り、
    rom 2:10 栄光と誉れと平和は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、善を行なうすべての者の上にあります。
    rom 2:11 神にはえこひいきなどはないからです。

5.律法の有無に関係なく罪を犯した人はどうなりますか(12-13)。異邦人には何が律法になりますか(14-15)。人々の隠れたことをさばかれる神について考えてみましょう(16)。

  • rom 2:12 律法なしに罪を犯した者はすべて、律法なしに滅び、律法の下にあって罪を犯した者はすべて、律法によってさばかれます。
    rom 2:13 それは、律法を聞く者が神の前に正しいのではなく、律法を行なう者が正しいと認められるからです。
    rom 2:14 ――律法を持たない異邦人が、生まれつきのままで律法の命じる行ないをする場合は、律法を持たなくても、自分自身が自分に対する律法なのです。
    rom 2:15 彼らはこのようにして、律法の命じる行ないが彼らの心に書かれていることを示しています。彼らの良心もいっしょになってあかしし、また、彼らの思いは互いに責め合ったり、また、弁明し合ったりしています。――
    rom 2:16 私の福音によれば、神のさばきは、神がキリスト・イエスによって人々の隠れたことをさばかれる日に、行なわれるのです。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
From 2008-12-6 Saturday, Last-modified: 2016-05-28 (土) 00:56:46 (1210d)